個人のお客様

交通事故

 交通事故の被害にあわれた方、そのご家族の方、なるべく早い段階で弁護士にご相談ください。
 交渉相手である損害保険会社は、弁護士が代理人として交渉対応する場合とご本人が交渉対応する場合では、提示額に大差が出ます。
 お金で傷が癒えるものではありませんが、泣き寝入りせず、損害賠償請求だけはしっかりと行っていきましょう。
 また、交通事故の内容によっては、刑事事件の被害者として、加害者に対する刑事裁判に参加することにもご協力いたします。