個人のお客様

遺産・相続

 高齢化社会に伴い、遺産や相続でお悩みの方が急増しております。
 遺産をどなたに譲るかお悩みの方、親などからの遺産を譲り受ける権利の有無について親族間でもめている方、どのように分けるか等もめている方、など、様々です。
 遺産・相続の紛争は、お金だけの問題でもありません。
 両親から受ける愛情の不公平感などが、遺産相続の段階で顕在化します。
 近い血縁だからゆえに様々な思い入れ、感情があると思います。
 このような場合には、ご本人に代わって、淡々と、相続人として取得すべき権利を主張できる第三者として弁護士にご依頼いただくことが、後々後悔しない結果となりますし、精神的にもご本人で対応するよりも穏やかでいられることでしょう。
 遺産を子供に残す方も、将来子供などの相続人同士が争わないよう、しっかりとどのように遺産を有効活用してもらいたいか、遺言で意思表示をしておく必要があります。
 また、後に遺言書の有効性が争われないよう、公正証書で作成することがベストです。
 是非一度、ご相談ください。