法人のお客様

債権回収

 会社にとって売掛金の回収、貸付金の回収は日々の資金繰りの生命線であり、重要な資産の一部です。
 しかし、債務者より契約通り支払いがなされるとは限りません。
 何度催促しても言い逃れられる、又は応答がないなど、債務者からの約定通りの回収が自力では困難な場合には、ご依頼ください。
 基本的にはまずは内容証明にて弁護士名での請求書を送付し、相手方と連絡が取れる場合には交渉開始、内容証明を送付しても全く音沙汰がない場合には、早期に仮差押え、支払督促、訴訟提起等を検討していきます。
 もっとも、債務者自身が明らかに資力がない場合には、いくら請求しても(裁判で勝訴判決を得ても)回収はほぼ不可能となりますので、回収可能性の有無についても、ご依頼いただく前に検討します。